インタビュー|奈良県奈良市の歯科・矯正治療|西大寺 高橋矯正歯科

tel.0742-35-3566

インタビュー
  • HOME
  • インタビュー

矯正は時間がかかる治療ですが、その先には快適な生活や明るい人生が待っています。一緒に乗り越えていきましょう。

私は日本矯正歯科学会認定の専門医として、どうしたら患者さまに良い噛み合わせを提供できるか、ということを追求し続けてきました。治療面でも技術面でも、現在も研鑽を重ねる日々を続けています。その道に真摯に向き合い続けているからこそ、できるご提案があります。患者さまのお悩みに寄り添ってまいりますので、噛み合わせや歯並びが気になっている方は、ぜひ当院にご相談ください。

一度目の矯正治療がうまくいかなかった患者さまに正しい治療をしたいと思ったのが始まりです

私は大学卒業後、大学病院に勤めていましたが、そこで、矯正治療をしたことで体調を崩してしまい「2回目の矯正」を望む患者さまを何度も診ました。適した矯正を受けられないことが大きなダメージになる、ということを知った時は衝撃を受けました。

何とか治療したいという気持ちでスプリントを取り入れ、患者さまと一緒に良い状態を作るにはどうすればいいか、調整を繰り返しました。その結果が必ずしも教科書通りではないことにも驚きました。そして、もっと深く学びたい、患者さまの苦しみを和らげたい、と強く思ったことが、より一層矯正治療の奥深さにのめり込むことに繋がりました。

歯並び・噛み合わせが悪いと、全身の健康に影響します

歯並びのずれは、上顎と下顎のバランスが3次元的に崩れていることから起こります。上顎と下顎がずれていても、人間は食事をしなければ健康維持できません。そのため、歯の方が顎のずれに対応しはじめ、歯並びもずれていくのです。噛み合わせのバランスが崩れた結果、全身の健康を損ねることにも繋がっていきます。

歯並びのずれは虫歯の原因になるだけでなく、その歪みから様々な不調に及んでいくことがわかっています。ですからお子さまの場合は、矯正を始めるのに適した時期が来るまではスプリントやナイトガードで歪みが大きくならないように守ってあげることが大切です。

正しい知識を提供し、治療を続ける意志を保てるようにサポートします

治療を継続するには、正しい知識を持っていただくことが重要です。そのため、当院では噛み合わせのずれは歯が悪いのではなく、骨の病気だということをお伝えします。噛み合わせのずれは上顎と下顎のずれが問題なので、スプリントを入れて確認します。スプリントを使えば顎にずれがある方の多くが無意識に行っている夜間の食いしばりなどのダメージが減って、楽になります。そのようなプラスの結果は、治療を続けようという前向きな意志にも繋がります。

また、スプリント治療も矯正も時間を要するものなので、正しい方向に進めば良い結果に繋がる、というお話をして、モチベーション維持をお手伝いしています。一歩ずつ着実に進んでいくことが大切です。

お子さまの矯正は適した時期の見極めを大切にしています

大人の場合は既に成長が止まっているので時期の見極めが必要ありません。そのためすぐに検査などに入ることができます。子どもの場合は成長が止まる時期に合わせて矯正が終わることが望ましいので、すぐには治療に入れないケースがあります。上顎と下顎のずれがある場合は、食いしばりなどで歯や顎の関節にダメージを受けないように、ナイトガードやスプリントで保護・予防を行います。

食いしばりが見られるお子さまなら、それらの器具を使うと調子が良くなることが実感できて、すぐに馴染んでくれます。その感想を聞いた保護者の方が、自分も始めたいと言われる例も少なくありません。

頑張って手に入れた噛み合わせを大事に、健康に過ごしてください

矯正治療は何年もかかるものですので、その結果手に入れた健康的な歯並びは、天然歯と共に大切にしながら過ごしていただければとても嬉しいです。

特にお子さまの場合、自分の仕事で健康に過ごせる方がたくさんいると思うことは歯科医師として大きな喜びです。

日本は長寿国ですから、歯が丈夫であれば、健康寿命も長く維持できると思います。日々のケアを大切にして、実りある生活を送ってください。